ktv@プノンペン

難易度:★★★

相場:100USD~

スタイル:連れ出し

KTVとは

いわゆるカラオケ。中~大人数で行く場合にお勧めです。

大まかに分類すると低単価なローカル系、ラグジュアリーな高級系、東アジア人向けの外国系の3種類があります。

個室で歌えるキャバクラのようなもので、ガールズバーに比べるとお嬢の質も高いです。

カラオケルームの中でママやお嬢達と歌って飲んではしゃいだあと、お互いの合意があれば店外デートをします。

基本料金はは部屋代とドリンク代がセットで1時間いくらというような設定がされていて、その他のお酒や料理などは別料金である場所が多いです。

部屋に入るとママからお嬢達を案内され、ずらっと並んだ中からお気に入りを選びます。

選んだ子がお酒を注いでくれたり、曲の入力などの世話してくれます。

どこにあるの?

プノンペン各所に点在して、夜になるときらびやかにライトアップされたKTVの文字が目に入ってきます。

ローカル系の店が多く、東アジア系のお客が多い店ではその国の曲が入っていたりお嬢の顔立ちも東アジア人に受ける子が多く、日本語の少し通じることもあります。

※要情報収集。老舗で日本語の曲があるのはEmperror KTV、Toul KorkエリアのStreet xxxにあります。その他オルセイマーケット付近のSonny。現地通訳や、少し言語ができる場合はチャレンジしてみると、外見レベル高い子と遭遇します。

どうやって遊ぶの?

お店に入ると、カラオケルームに通されます。

部屋の中で待っていると、ママがお嬢達を引き連れて入ってきますので、その中からお気に入りの子を一人選びます。

お嬢と軽く挨拶した後は、カラオケタイム。好きな曲を歌ったり、デュエットしてみたり、セクハラしてみたり各々楽しんでください。

過激なお客が多いところでは、店内でことを致したりもあるのはここだけの話です。

ある程度お酒が回ってきて、お嬢との相性が良さそうであれば店外デートを打診します。

KTVは客層も良いことが多いですし、ロングのほうが単価も高いためロングでの交渉が喜ばれます。

もし、連れ出しをしない場合でもチップとして10-20USDをお嬢に、ママにも10USD程度あげておくとよいでしょう。

注意点

老舗のKTVでは女の子もそれなりに教育されていますし、選ばれない人気のない子はどんどん脱落していくため、若くて可愛い子の割合が高めです。

また、交渉時に話した内容と違うことをするなどのトラブルも起こりづらいです。

その分、金払いの悪いお客はお嬢からも店からも嫌われてしまいます。KTVではけちけちしないことです。

※新しく出来た店や外国系の中には悪質なぼったくり店もあります。事前に料金をしっかりと確認し、話がおかしい場合は退店するようにしましょう。

補足

一見でなくその後も何回か利用する予定がある場合は、ママやボーイにチップをあげることでV.I.Pルームに通して貰えたり、人気の高い子を優先的につけてくれたりと対応が良くなります。